(株)BfMcompanyドイツ・クラシック音楽留学サポート(株)BfMcompany

音楽留学経験者が考案したドイツ・クラシック音楽留学専門サポートサービス

音楽留学経験者が考案したドイツ・クラシック音楽留学専門サポートサービス

音楽留学の手順と詳細-3

Lesson・受験までの流れ

各大学と教授調査・コンタクト

次へ

見学・レッスン

次へ(レッスン希望者はここまで)

願書取り寄せ

次へ

入試費用振込み・願書作成・郵送

次へ

入試準備・伴奏者とのコンタクト

次へ

入試

次へ

合否発表

次へ

入学手続き

次へ

ドイツ教育機関入学

「あるある体験談!!」
手間と時間と不安とリスク → それに対する自社プラン

さらに詳しいご相談はコチラへどうぞ♪ Mail: info@bfmcompany.jp

ドイツ語が読めない!各教育機関のホームページを調べるだけでも、辞書片手に時間と手間がビックリするほど掛かる!

ト音記号実はドイツにおける音楽(芸術)大学及び音楽教育を受けられる機関というのは優に70校を超えます。受験を考えていらっしゃる方は、ホームページなどでさぞ熱心に音楽大学の情報を調べられていることでしょう。しかし言葉の壁により、詳しい情報入手が出来ない人がほとんどではないでしょうか?
受験を考えていらっしゃる方にこの先本当に通いたいと思う教育機関を選んでいただく為にも、このサービスを実施しています!


受験だけに限らず、先生とのコンタクトはとても重要!しかしドイツ語が出来なければコンタクトが取れない上にLessonでの理解も難しい!

ト音記号ドイツには素晴らしい先生が沢山います。先生選びに関して私自身が受けた印象は、日本に比べて先生とのコンタクトが比較的取りやすいということです。誰かの紹介でなくても、希望の先生のところへ直接出向き、交渉し、うまくいけばLessonを受ける許可を貰う。というプロセスを誰もが行える開かれた環境なのです。
しかし!これまたドイツ語が出来なければその開かれた門さえくぐることが出来ない上に、日本にいてドイツの先生の情報を手に入れるのは大変困難です。自社ではそういった方の為に先生探しからLesson受講までのサポートをいたします。新境地であなた自身が先生を選ぶのです!


各音楽(芸術)大学の入試要項が出てから、提出までの期間は以外に短い!

ト音記号各教育機関は毎年もしくは毎ゼメスター(夏期・冬期)、入試要項をホームページ上で掲載したりパンフレットにしたりします。そして受験者はその要項に従って願書を提出するのですが、その要項が出揃う時期は毎回決まっていません。いつも「なんとなく出揃ったなぁ...」という感じです。入試要項というのは毎年そんなに大きくは変わらないものですが、願書提出日や課題曲、必要書類などの変更といった細かい内容の変更は多々あります。
毎回の入試要項が出る時期もバラバラな上に、提出までの期間が短かく、またドイツ語が出来ない場合はなかなか上手に対応できないものです。小さなミスでせっかく希望した大学の入試が受けられないなんてことが起こらない為にも、自社では願書入手から提出までの完全サポートをご提供いたします。


願書の取り寄せはメールで可能になったが、実際は取り寄せしても来ないこと
が多くある!(ドイツの事務関係はかなり適当!!)

ト音記号願書を入手する際、ドイツ語の出来ない人は大抵メールで各教育機関の入試事務局に願書の催促をするでしょう。しかし、日本に送ってもらうにしてもドイツ国内に送ってもらうとしても、そのメールの内容や送るタイミングによっては願書がちゃんと届かないことが多々あります。また、最近はホームページ上で入試に関する全てが掲載されてあるので、改めて書類を送ってくれないところもあるのです。
そういった場合もドイツ語が読めない人にとっては、願書がホームページ上のどの部分にあるのかさえなかなか分からないことでしょう。こういったトラブルを避ける為、各教育機関の願書及び必要書類の入手も当社では承っていますので、安心して受験の準備をしていただけます。


もちろん入試概要は全てドイツ語(たまに英語も有り)!ちゃんと正確な情報を入手したい!

ト音記号入試概要には願書提出日や必要な証明書、入試日や課題曲...といった大切な事がありますが、そういった情報ももちろんドイツ語での入手となります。この時点で入試を受けるのが面倒になる人もいるでしょう。しかし、自社サービスではご希望の各教育機関の入試概要も詳しくご説明し、その際ご相談も承っております。お客さまが本当に挑戦したいかどうか、またはできるかどうかを判断していただく機会にしていただけたらと思っています。


願書を送ったはずなのに、証明書の不備やちょっとしたミスで大学からはそれ以降返信が来ない!

ト音記号ドイツの事務機関は基本的に仕事が遅いです!!ある音楽大学は願書締め切りだいぶ経って、やっと返信を送ってくれたことがあるくらい...。
送ってくれるのはまだマシな方で、"完全無視"というところも少なくありません。こうなったら自分から質問するしかない!そこでメールか電話が浮かびますよね?メールだと正直あてにならないのが現実ですが、電話で質問できれば問題ないと思います。しかし留学初心者にとってドイツ語での電話はなかなかうまくいきません。そこで当社では願書入手から教育機関側の返信翻訳まで完全にサポートいたしますので、後はお客様ご本人に与えられた時間をフルに使い、安心して入試の準備に励んでいただけます!


地方の入試に行く場合、ホテルを調べてホテル予約しなくちゃ!でもどのホテルが安心?予約をどうやったらいいのかわからない!

ト音記号地方のホテルを調べるとき日本語サイトに頼るのが一般的です。確かにそういったホテルは予約なども簡単にできるところでしょう。しかし、そういうところって結構高いんですよね。それに安心できるところかどうか微妙。そこで当社は出来るだけお手頃な値段で安心なドイツ国内のホテルをご紹介し、また予約手続きも代行いたします。さらに、ご希望であればその地方に住む日本人のお宅に宿泊できるよう手配することができますし(数に限りがあります)、運が良ければピアノ付きの部屋もお貸しすることができますので、入試の際練習室が取れなくてもそこで発声や音出しが出来るのです。本当にこれはラッキーですけどね。


入試結果が合格の場合、入学申請期限は意外に短い!もちろん全部ドイツ語の入学申請書を、どうやって書くのか分からない!さらに、合格が分かる前に帰国の為の航空券を発行している場合でも、入学する為には入学申請を済ませなければ帰れない!

ト音記号せっかくもらった合格も入学申請をしなければ無効になってしまいます。しかしこの書類提出がまた大変なのです!ある意味願書よりも大切(?)な書類内容は、ドイツの学生用保険加入のことやコースや授業の選択など、もちろんすべてドイツ語で書かれてありそのどれもが大切なの内容です。しかも合格証明を貰ってから締切りまでの期限は恐ろしく早いので、サクサクッと片付けないと間に合いません。
例えば飛行機のFIXチケットを既に購入していれば帰国の日時を変更することがなかなか難しいこともあり、願書を提出する為に高い航空券を捨てるなんてことにもなりかねません。そんな場合にも備え、当社では留学に関わる面倒なこと全てを一切引き受けるべく、入学申請まで完全にサポートします!入学申請手続きが完了しましたらすぐにご連絡させていただきますので、必要書類を揃えたら、安心して一時帰国していただけます。


合格後の新居、語学学校の斡旋や手続きなど日本にいては無理がある!

ト音記号すでに当社サービスを受けていらっしゃる方で、新たに住居を探し契約しないといけない場合は、追加サービスとして新しい住居代理契約もいたします。更にご希望でしたらビザ申請手続きサポートなどもご提供しておりますのでどうぞご利用ください。


さらに詳しいご相談はコチラへどうぞ♪ Mail: info@bfmcompany.jp

▲このページトップへ戻る

 

株式会社 BfMcompany 音楽留学に関する様々な情報・サービスをご提供いたします。
E-mail:info@bfmcompany.jp Copyright C 2007BfMcompany All Right Reserved..