(株)BfMcompanyドイツ・クラシック音楽留学サポート(株)BfMcompany

音楽留学経験者が考案したドイツ・クラシック音楽留学専門サポートサービス

音楽留学経験者が考案したドイツ・クラシック音楽留学専門サポートサービス

サービスをご利用されるお客様へ

当社サービスAコース/Cコース/及び追加サービス(ビザ発行手続き)のいずれかをご契約をされるご予定のお客さまには、当社サービスをよりスムーズに受けていただく為、パスポート、経費負担契約書(それぞれの申請方法を下に記してあります)を早めに準備していただきます。

これらをご用意いただくことは、当サービスをご利用されるが故に特別に必要ということではなく、例え当社サービスをご利用なさらずに、ご本人さまが自ら各種契約やビザ申請などを行われたとしても、必ず必要になるものです

★当社にご依頼頂いた方には、さらに詳しく申請方法等をお伝えいたします。

お客様からいただく個人情報の全ては、当社管理のもと厳重に保護しております。
詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

パスポート申請方法

必 要 書 類

  1. 一般旅券発給申請書1通
  2. 戸籍謄本または、戸籍抄本1通
  3. 住民票の写し1通
  4. 身分証明書1通
  5. 写真1枚
  6. 官製ハガキ1枚
  7. 印鑑

※窓口によって違いが生じる可能性がありますので、まずは申請される窓口へお問い合わせください。


申 請 方 法

(1)申請に必要な書類を揃えたら、パスポート申請窓口に書類を提出します。住民登録をしている、各都道府県の窓口だけの受付となっており、住民登録をしていないところでの申請はできません。

窓口のパスポート申請受付は、月‐金曜日の平日のみで、原則として申請者本人による申請となっています。(事情がある場合は、代理人でもよいことになっていますが、その際は窓口に直接お問い合わせください。)

なお、20 才未満の未婚の人(未成年)が申請するときは、以下の注意事項があります。

  • 父母あるいは、どちらか一方の親、または後見人がパスポート申請書裏面にある"法定代理人署名"の記入欄に、署名が必要です。
  • もし、父母または後見人が遠方に住んでいて、署名できないときは別紙で同意の旨を記入した"同意書"を、提出する方法もあります。

(2)申請から約6~7日(土、日、祝日除く)後に、パスポートの受け取りが可能とのハガキが郵送されてきますので、以下の書類を窓口に提出すれば、パスポートが手渡されます。

※ゴールデンウィークや夏休み、年末年始のシーズンは申請窓口も多忙になりますので、少し余裕をもって申請することをおすすめします。


  1. 申請窓口から送られてきたハガキ
  2. 申請のときに渡された受領証
  3. 手数料
    有効期間5年のパスポート(12 才以上) →
            収入印紙9,000 円+ 収入証紙2,000 円= 合計11,000円
    有効期間10 年のパスポート(20 才以上)→
            収入印紙14,000 円+ 収入証紙2,000 円= 合計16,000円

※収入印紙は国に納める手数料で、収入証紙は都道府県に納める手数料です。
なお、パスポートは必ず申請者本人が受け取る必要があり、代理人などによる受け取りは、認められていません。

経費負担の契約書申請方法

自費留学で、申請者本人が経費を負担する場合

金融機関が発行する英文の申請者名義の口座残高証明書(最低金額130?140 万円以上の入金が確認できるもの)

  • 名義人名がアルファベットで記入されていること。
  • 通貨はEuro もしくはUS ドルの表記が望ましい。

※口座残高証明書はお使いの金融機関に直接出向きお取りいただけます。その際身分証明や印鑑等が必要になりますので、あらかじめその金融機関にお問い合わせされることをお勧めします。

自費留学で、申請者本人が経費を負担しない場合

以下のものを総領事館に提出して認証手続きを受けて下さい。

*保護者(残高証明書の名義人)がドイツ連邦共和国総領事館に出頭する場合

  1. 出頭者自身の身分証明書(旅券又は運転免許証)
  2. 出頭者名義の金融機関発行の英文の口座残高証明書または給与所得の源泉徴収票(原則として口座残高証明書を以って申請することになっていますので、これに関しては各自ドイツ総領事館もしくは大使館へお問い合わせください。)
  3. ドイツ連邦共和国総領事館作成の経費負担誓約書に記入、署名したもの

*保護者がドイツ連邦共和国総領事館に出頭できない場合

  1. 保護者名義の金融機関発行の英文の口座残高証明書または給与所得の源泉徴収票(原則として講座残高証明書を以って申請することになっていますので、これに関しては各自ドイツ総領事館もしくは大使館へお問い合わせください。)
  2. 残高証明書の名義人の印鑑証明書
  3. ドイツ連邦共和国総領事館作成の経費負担誓約書に?の口座名義人が記入、署名・捺印したもの
  4. 80 円切手を貼った返信用封筒(認証済みのものを返送するため)

下記のURL へアクセスすると大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館ホームページを見ることができます。
   http://www.osaka-kobe.diplo.de


郵送で申請をされる方は経費負担誓約書を以下の方法でダウンロードし、必要書類を同封したものを
ドイツ連邦総領事館にお送りいただきます。

経費負担誓約書のダウンロード方法

大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館ホームページの上部にある、"ビザ・免許証・婚姻などについて" という青い帯状のカテゴリーにカーソルを合わせると、新しく3 つのカテゴリーの帯が出てきますので、そのなかの"ビザについて"をクリックします。現れたページの真ん中らへんにある青い字で書かれた"申請用紙などのダウンロードと郵送での請求方法"という欄の"申請用紙などのダウンロード"にカーソルを合わせクリックすると、ページの一番下にある"経費負担誓約書"を無料でダウンロードすることができます。

 

※申請する前にご不明な点がございましたら、領事館か大使館へお問い合わせください。
◎ 神戸・大阪ドイツ連邦共和国総領事館 Tel: (06)-6440-5074 (ビザ係直通)
◎ ドイツ連邦共和国大使館 Tel: (03)-5791-7700
(領事館や大使館は大抵込み合っており連絡がつきにくいことが多くあります。)


▲このページトップへ戻る

 

株式会社 BfMcompany 音楽留学に関する様々な情報・サービスをご提供いたします。
E-mail:info@bfmcompany.jp Copyright C 2007BfMcompany All Right Reserved..